江戸川病院看護部|看護基準は7対1。充実した教育研修と良質な看護があります。東京都江戸川区の看護師求人募集、看護師パート求人。看護師ブログ

こんにちは

がん看護専門看護師廣澤です。
私は普段、がん相談支援室の看護師として患者さんやご家族から色々なお話しを聞かせて頂いています。

ここ最近はコロナの話題が絶えませんが、

がん医療にもコロナ感染拡大は大きな影響を及ぼしています。
海外で有名なアーティストが 異常を実感しながらも、受診を控えて、乳がんが進行してしまった、残念ながらお亡くなりになってしまった というニュースもありました。
国内でも がん患者さんの新規診断者数が減少した ⇒ 受診控えではないか というニュースもありました。
実際に当院通院中の患者さんからも「コロナが始まって、病院に行きづらくてね。もっと早く病院に来ていたら、手術が出来る状態で見つかったのかな」という声も聞きました。

 

どうすればよかったのか、早く受診をすれば未来が変わっていたのか、確かなことは言えません。現状を嘆く患者さんやご家族の声には、更なる未来を一緒に考えながら、寄り添うことを意識していますが、過去を変えることはできません。

遠方から都内に受診に来る患者さんも感染の怖さとがんの進行の怖さの間で揺れていました。

私は 多くのがん患者さんと関わることで、より一層自分の健康に関心が向くようになりました。

ここ1.2年の世界的なコロナパンデミックが大切なものを見えづらくしていることもあるかもしれません。

現実に医療崩壊により自分の身体を優先できない時間も強いられたかもしれません。
でも、今一度 ご自分のからだと心に向き合ってみませんか?
看護師さんたちはケアの専門家ですが、自分のケアは出来ていますか?

ちょっとした体調変化、自分のからだや心の声に耳を傾ける時間をもっていますか?

感染予防ももちろん大事ですが、がん検診受けていますか?
ケアの始まりは自分を大事にすることです。

 

大変な毎日だと思いますが、自分自身へのケアを忘れずに。