江戸川病院看護部|看護基準は7対1。充実した教育研修と良質な看護があります。東京都江戸川区の看護師求人募集、看護師パート求人。看護師ブログ

江戸川病院看護部ブログをご覧のみなさま、初めまして!

2D病棟師長の中川と申します^^

2D病棟は整形外科・スポーツ整形外科の50床単科の病棟です。超高齢の患者さんでも手術をされることが増えてきており、運動器に疾患を抱えた老若男女様々な患者さんが日々たくさんいらっしゃいます。病棟はいつも満床に近くバタバタしていますが、病棟スタッフたちは皆元気いっぱいで、笑顔あふれる明るい職場です♡

院長先生がいる病棟なので、先生の天然さ?独特さ?から、のほほ~んとした雰囲気もややあるような?ないような?笑

若いスタッフも多く、みんなテキパキしてるしワキアイアイとしています。
色々な意味で『楽しく』働けるっていうのは幸せなことだと思います。

当院では©PNS(パートナーシップナーシングシステム)を導入していますが、ペアで患者さんの看護にあたることで、いつでも相談し合えたり途切れない看護を実施することができます。

2人で見ている分患者数が多かったり、色々な考えを持っているスタッフとペアになることで時には困難さを実感することもありますが、PNSの強みは『違いを活かす』ことです。個々のスタッフが『マインド』を高く保つことがとっても大切になります。

忙しい業務の中で、つい先輩が後輩に指示をしがちだったり、逆に先輩にひたすら頼ってしまったり、思いを伝い合えない場面はよくあることだと思います。PNSマインドは、他者に依存するのでは無く、1人のプロフェッショナルとして自分の頭で考え、自らを助けるという心の持ちようのことです。
頭でわかっていても実際に実践することはなかなか難しいものです。マインド研修などを通し日々錬磨していかなければなりませんね。

今はコロナウイルス感染症の流行により、体感型のマインド研修実施は控えている状態です。
早く落ち着かないかなあ…と日々ため息ですね。夏休みの予定もみんな次々パーになっていて、見えない敵との闘いはいつまで続くのだろう…と、長梅雨も相まって心がどよよ~んと沈みがちに。(わたしも休みの日はひたすら子供たちとインドア遊びを模索中です…)

そんな中でも元気をもらえるのは病棟スタッフたちからだけではありません。

整形外科の患者さんたちは、手術が終わるとすぐにリハビリを行い、みなさん退院に向けどんどん元気になっていきます。術前の痛みとは違う術後の痛みを抱えながらも、一生懸命リハビリに励まれ、明るく元気な声を聞かせてくださるだけで私たちも日々たくさんの元気をいただいています^^

患者さんに“看護師が忙しいから”と気を使わせてしまうこともありますが、ペア看護をうまくいかしつつ、患者さんの気持ちを拾い上げる努力をしていきたいです^^

先日、スタッフの目標面接が終わりましたが、“早く家に帰すことだけを目指すのではなくて、安心して満足して帰ってもらえるようにどうしたらいいかもっと考えていきたい” “バタバタの業務を少しでも早く終わらせて、認知症患者さんのベッドサイドに行き一緒に過ごす時間をとりたい“ “患者さんに信頼してもらえる看護をしたい” “『患者さんの寝姿を美しく』を常に心に看護補助業務を続けていきたい!”などなど、みんなの熱い思いがたくさん聞けて心が温まりました。

素敵なスタッフが集う整形外科病棟でぜひ一緒に働いてみませんか^^

そんな感じで病棟紹介でしたー!

ご覧いただきありがとうございました☆