江戸川病院看護部|看護基準は7対1。充実した教育研修と良質な看護があります。東京都江戸川区の看護師求人募集、看護師パート求人。看護師ブログ

こんにちは☆糖尿病看護認定看護師の伊藤清子です  図1

今日は、みなさんに3つお伝えしたいことがあります。
 
 

まず1つは・・・
11月14日は何の日かご存じでしょうか???
世界糖尿病デー』なんです 図2
 

インスリンを発見したバンティング博士の誕生日が由来となっています。
糖尿病は膵臓から分泌されるインスリン(ホルモン)が欠乏もしくは働きが悪くなると起こる疾患です。その昔は、死に至る病気と言われていました。バンティング博士のおかげで糖尿病は、治療が可能になりました。
糖尿病啓発のシンボルカラーである青に、世界中の建造物がライトアップされ、様々なイベントが行われています。
2015年11月14日の東京は、あいにくの雨でして・・・
図3
 
       
来年こそは、自分のカメラで撮影してみなさんに披露したいと思います。
大切な人と一緒に糖尿病の予防について考えていただけたら嬉しいです 図4
 
 

2つめ。
11月25日、江戸川区内の中学校で『本当は身近にある高血圧・糖尿病』というタイトルで講演をさせていただきました 図5

この日もまた雨【私は雨女です雨 】でして、足元が悪く寒い中、たくさんのご父兄の方にお集まりいただくことができました。

茅根慢性心不全看護認定看護師の『エピソード0』から始まり、次は私の『実は身近にある糖尿病』、トリは中津川慢性心不全看護認定看護師の『高血圧のおはなし』をしました。
 
図6

図7

図8

図9

   
私たち認定看護師の話が、大切な人と考えるきっかけになればいいなと思っています。講演の機会をいただき、中学校校長・職員、PTA、ご父兄のみなさま、女川室長、田中看護部長、ありがとうございました。
いつでも、呼んでくださいね図10

図11
 
 

最後に。
最近、1型糖尿病の男児が祈祷師の指示でインスリン投与を中断し、死亡したという悲しいニュースがありました。『なんで僕だけ注射するの?』そんな言葉にご両親はとても苦しみ、すがる思いで祈祷師に頼ったのでしょう。
しかし、その男児に携わった医療者が、なんとかできなかったのか、お互いがもう少し歩み寄れれば事態は異なっていたかもしれません。
男児のご冥福をお祈りいたします。2度と同じことが繰り返されないように、私ができること、医療者ができることを考えていきたいです。
 

図12糖尿病看護認定看護師 伊藤清子図13