江戸川病院看護部|看護基準は7対1。充実した教育研修と良質な看護があります。東京都江戸川区の看護師求人募集、看護師パート求人。看護師ブログ

はじめまして
今月号の江戸川病院看護部ブログは手術室が担当することになりました!!!
今回は、da vinci(ロボット)手術について紹介したいと思いまーす!!!
私たちの病院では、泌尿器外科の前立腺癌に対する前立腺摘出を目的に実施しています!

*実際に使用している器械がこちらになります↓↓

zu7

左側の器械が患者様の足元から入っていきます!
アーム状のようになっていてそこに鉗子というものが3つ存在し、それが人間で言う手先の操作を行ってくれます!
右側にある器械はというと、術者が遠隔操作する器械になります!
下の画像で言うと、左側にその器械が見えると思います!!

*手術するお部屋の全体像はこんな感じですね↓↓

zu3
 
 

da vinci(ロボット)手術は、1990年代に米国で開発されました。

1~2㎝の小さな創から内視鏡カメラとロボットアームを挿入し、高度な内視鏡手術を可能にしたものです。術野は3Dモニター画面を見ながらあたかも術野に手を入れているようにロボットアーム操作して手術を行います。

日本では約80台が稼動していますが、東京の城東区では当院が初めての導入しているんですよ!!

当院では2012年10月に厚生労働省から医療機器認可を受けたばかりの最新の第3世代のda vinciシステムを用いています。

da vinci(ロボット)手術とは、身体に負担の少ない腹腔鏡下の手術に加え、人間の手以上の複雑で繊細な手術が可能な方法です。

さらには、開腹手術では見ることのできなかった細かい組織も自由に拡大することができ、ロボットにしかできない動きが加わることで術野がよくみえ安全且つ正確に手術が行えます。

メリット

創部が小さく、術中の出血量が少ない
術後の回復が早い
術後の疼痛が少ない
合併症リスクの低下
 
 

デメリット

前立腺癌の全摘出にのみ保険が適応される
 
 
 
 

特徴

高解像度3D画像
zu4
 
 

自然な操作感
zu5
 
 

自由度を有するロボット鉗子
zu6