江戸川病院看護部|看護基準は7対1。充実した教育研修と良質な看護があります。東京都江戸川区の看護師求人募集、看護師パート求人。看護師ブログ

感染管理認定看護師の大矢と田島です。私達2人は、感染対策チーム(ICT)に属しており院内の感染対策を実践しています。今日は、この時期何かと話題のインフルエンザワクチンについて少しお話ししたいと思います。

 

皆さんは、ワクチン接種もうお済みですか?今年の10月からワクチンが少し変わりましたよね。

B型インフルエンザウイルスのカバーできるタイプがひとつ追加され、よりその予防効果に期待が寄せられています。しかし、なかにはワクチン接種を受けたのにインフルエンザにかかったと言う方が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実はインフルエンザワクチンはワクチンのタイプが流行のタイプと合致すれば公衆衛生上予防効果は高いと言われますが、毎年タイプを予測することは意外と難しいと言われています。

その要因としてタイプのなかの変化があるからです。

 

例えるなら2つのルービックキューブをイメージして下さい。片方が予測された流行のインフルエンザです。それを基に作られたワクチンがもう片方のルービックキューブです。両方のルービックキューブの面が等しく揃えば高い予防効果が得られます。しかし、ワクチンのキューブが揃う瞬間、予測していた流行インフルエンザのたった一つのキューブの色が変わる事があるのです。これが予測の難しい由縁のひとつです。

zu1.fw

では、ワクチン接種は無意味なのでしょうか?

ワクチンが無効かといえばそうではありません。予防効果がないわけではありませんし、なにより症状の重症化を防ぐ意味での効果は十分にあります。

私が勤務をしている病院では、インフルエンザにかかることにより重症化しやすい方が多くいます。

その方々のリスクを少しでも下げるため全職員にはワクチン接種を強く推奨しています。そのための環境を整えることが大事な仕事の一つとなっています。皆さんもぜひインフルエンザワクチンの接種受けて下さいね。

 

zu2.fw
ICTのメンバーです。
頑張っています。